スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまにはガウディ散歩でも・・・・

バルセロナといえば、日本人のほとんどの方が反射的にガウディというぐらいバルセロナはガウディ建築の街という印象が半ば定着していますね。

でもここに住んでみると、ご近所にはサグラダファミリアなどガウディ建築を内部から見学した事のある人はほんの少数・・・・
地元にいるとやっぱり行かないんですねぇー・・・(そんなもんですかね・・・)

ガウディといえばサグラダファミリア、ペドラルベス、バッジョ邸、グエイ公園、グエイ邸など街の中にわんさかありますが、数日の観光ではこのあたりがリミット。

そのほかの小規模の作品まで見て歩く人はたぶんほとんどいないのでは・・・
(だんだん食傷気味になってくると思うし・・・笑)

それならたまにはガウディ散歩もいいかなと思い、先日の日曜は家から歩いて山側にあるガウディ作品を見て回ってきました(←といってもガウディ建築は2つだけなんだけど・・・)

Foto1137.jpg
途中こんなかわいい路面電車が通過!これは観光用でティビダボの途中まで行けます。

Foto1138.jpg
このあたりは昔からの豪邸が軒を連ねています!
といっても実際住居に使われているのはほんの僅か・・・そのほとんどは買い取られ学校、クリニック、オフィス・・・特に老人ホームなどに使われています。

Foto1141.jpg
これは中国領事館・・・なぜかどこの国でも中国大使館・領事館はでっかい?ですよね。
ちなみに日本領事館はカッハマドリッドというビルの中にこじんまりとあります。

Foto1142.jpg
このようにレストランになっているものもあります。

Foto1143.jpg
そのレストランの日時計!
自分の時計で時間を確認してみましたが1分のくるいもなく正確!って当たり前か・・・
Foto1144.jpg
これはサンタマリアダバイドンゼーヤ(Santa Maria de Valldonzella)という僧院・・・

とにかくこのあたりは古い僧院やキリスト教の学校がたっくさん!いちいちでっかい!!

Foto1145.jpg
やっとガウディのベジャスグアルド(Bellesguard)に到着したと思ったら・・・塔は工事中でした。ガクッ!

300px-Bellesguard0002.jpg
ほんとうはこんななんです・・・

このベジャスグアルドはもともと中世にアラゴン王(バルセロナ伯)マルティ1世が夏の別邸に選んだ場所で、小さなお城がたたっていた場所です。
そんな歴史的背景を理解した上でガウデイが1900年に当時の所有者フィゲーラス氏の命でこのベジャスグアルドを建てたとのこと。
ベジャスグアルドとは美しき眺めみたいな意味ですが、これはこのコイセローラの丘の麓からの美しい眺めをあらわしているとても詩的な言葉なんですよ♪

(ちなみに私もコイセローラの丘の麓に住んでいますが、5階なのに大きな松の木におおわれていてなーんにも見えないの・・・・つらっ!)

さて、めげずに細部を見て回ることに・・・

Foto1146.jpg
庭の中央にあったモザイクのベンチ・・・座り具合と水はけが計算されていますね!

Foto1153.jpg
尖塔の部分が取り外されて放置されていました。けっこう扱いが適当?

Foto1147.jpg
観光客もいなく、シーンと静かな中庭です・・・

Foto1154.jpg
この曲線がいいですよね!
Foto1152.jpg
どこを取ってみても手間隙かかっています・・・ふぅー!これもガウディの特徴ですよね!
Foto1160.jpg
正面入り口横のモザイクのベンチ・・・
Foto1169.jpg
入り口の門もくねくねしていて温かみがあります。
Foto1167.jpg
門の上はこんな感じ・・・ユニークですよね。

さて、ベジャスグアルドを見終って道の反対側に来てみると・・・・

ちいさな(ほとんど気がつかないような・・・・)案内板を子供が見ぃっけ!!

「この下にガウディのビアドゥクタ(高架橋)の橋げたがあります。」と書いてありました・・・

で、その下をちらっと見ると・・・

じゃーーーーん!

ありました!


Foto1170.jpg
典型的ガウディスタイルの橋げた・・・これはグエイ公園にも似たようなのがありますよね!

気がつかないで通りすごすところでした。

でも本当はもっと長かったであろう橋げたは無残にも都市開発のため取り壊されたらしく、ほんのちょっと残っているのみ!
昔はガウディ建築にも容赦なかったんですね!

Foto1174.jpg
さらに歩いていくと巨大なキリスト教の学校Col.legi Pia de Sarriaに到達・・・
ちらっと調べてみたらやはり近所に住む当時のブルジョワ階級の子弟がお勉強していたところのようで・・・・ちなみにこのような学校は19世紀当時はみんな女人禁制!男子生徒だけだったんですよ。

結局・・・・ほとんどキリスト教関係の建物がどかどか建っている間にブルジョワのお屋敷がこれまたどかどかっと建たっている地区ってことなんですね・・・・

Foto1178.jpg
そのすぐ近くにはメディカルセンターテクノンがあります(国王の娘インファンタ・クリスティーナが4回の出産をしたのもここ・・・)。
最新の設備がそろった病院なんですが、もちろんかってのお屋敷があった敷地です。
入り口はその名残が漂っていますね・・・・

どんどん市内に向けて丘の麓から下ってくると・・・

Foto1190.jpg
やっと左手にガウディのサンタテレサ学院が見えてきました・・・

でも外からじゃたいして見れなくって・・・・やっぱり見学会に参加しなければ!

なかなか有意義に歩いた日曜日・・・・そろそろ疲れてきたので帰路につくことに・・・・

日本みたいに「このあたりで食べて帰っちゃおうかぁー」はもちろんあり得ないので、黙って帰宅・・・

(しかもこの散歩中、飲み食い出来る場所を1軒もみなかった!つまりこの界隈店が1軒もないんです!それもすごい?)

ガウディもただ見るだけじゃぁーいまひとつ面白くないと思ったMiwakitzでしたぁー
(やっぱり専門家の解説が必要ですよね!)
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
今日も読んでいただきありがとうございました。
↓ひとりごと
ガウディ建築もまじまじ見ると、やりたい放題やっているようでしっかり計算されててすごいなとあらためて感じました。建築家って数学強くないとだめですよね、たぶん・・・・
食べ物ネタなくてほんとうにすいません!だってほんとうにないんだもーーーーーーーん!
スポンサーサイト

theme : スペイン
genre : 海外情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

Re: たまにはガウディ散歩でも・・・・

Miwakizさんのところでガウディ紹介ってもしかして初めて?モザイクの石の椅子って冬座ったら冷たかったわぁ。
それにしても細かい細工のしてある建築、すごいですね。
素敵そうなレストランがあるけど、「食べて帰っちゃおう」にならないんですね。
私もそれだと物足りないかな。でもこんないい散歩できたからいいか・・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: たまにはガウディ散歩でも・・・・

↓のコメレスのコメレスです。
私ウサギ肉大好きですよ。ハトでもうずらでも何でも食べます。でも今はうちのチワワがちょうど小さいウサギくらいの大きさ。大きいねずみとも言えるけど。なので姿焼きは勘弁って感じです。

いつか必ず

バルセロナという街全体が 博物館のようですね
名前もないようなものでさえも、きっとステキなものたくさんなんでしょうね
有名なものだけでなく 細かい路地まで行ってみたいです!

あ゛~
あたしにとってバルセロナは宝箱です
神秘的で刺激的!

そのうち必ず行きます!
パック旅行ではなくて個人旅行でね

Re: たまにはガウディ散歩でも・・・・

素敵素敵~!!
本当にスペインいったつもりにさせてくださってうれしい~!!
いつの日か、おばあちゃんになって足が立たなくなる前に、スペインにいってみたいものです~!!!
町並みがとっても素敵!!
美味しいものも食べたいなぁ~

Re: たまにはガウディ散歩でも・・・・

Miwakitzちゃん、こんにちわ~☆
ご無沙汰してしまってごめんねー♪

ガウディ散歩、良い日に遊びにきました。
建築の様式を見ているだけでも楽しいね。
これだけの装飾を数式を合わせていくのってやっぱり凄い事だよね。
わたしの弟も建築士だけど、どう転がってもこんなアイディアなんて浮かばないだろうな(笑)
Miwakitzちゃん、給食問題の記事もちょっと読んだよ。
あの時、金額が高くって驚いたけど、帰宅して食べられるならそれに越した事はないよね。
しかし、教育費がこれだけ高額だと庶民はもう無理だよね。
国も何とかしないといけないよね。
ずっと前からそうなのかな?

ママンさんへ

ガウディ建築・・・・言われてみればブログで紹介は初めてですね。
ガウディもあんまり紹介しすぎると食傷気味になるようなので(笑)そこそこにしたいです。
ブログを始める前はもっと頻繁に近郊の街などにも行ってモデルニズモなどの建築を見て回っていたんですが最近は生活リズムも変わりなかなか出かけられません。
とはいってもやっぱりみなさん食べ物のほうがよさそうなので出来るだけ食べ物レポートがんばります。
このレストランも日中は閉店していました。夜だけのようです。
↑それならママンさんは鹿肉も大丈夫ねv-10

げむさんへ

ヨーロッパはアメリカや日本のようにあんまりレジャー的要素はありませんが、歴史に浸りた~いという方にはお勧めです。
バルセロナはいたるところにローマ、中世、モデルニズモなどの建築があって見ごたえたっぷり!
そしてグルメも充実!豚、羊、ウサギ、野鳥なんでもあります!(食べまくれぇ~)
是非一度どうぞv-10

かめ代ちゃんへ

スペイン是非ご家族で1度どうぞ!
過激地区?なので住むのは大変だけど旅行ならぜったい楽しいですよ~♪
食べ物ですが・・・かめちゃんのお料理みたいにあっさりしていないけれど大丈夫?やっぱり胃腸薬持参でお願いします(笑)v-10

fuwari funwari ちゃんへ

お久しぶりで~す。来ていただけなくてちょっとさみしかったわぁー(笑)たまには気晴らしに来てくださーい!

結局給食止めたんです!給食に対する概念が違うのでこれからも金額、質とも改善されないでしょうね。これでよかったと思っています。
今月も学校の傷害保険、PTA会費、クラブ活動代やらがんがん引き落とされてほんと貧乏なんでーす!つらすぎの1月よーv-10


プロフィール

Miwakitz

Author:Miwakitz
9年間のスペイン・バルセロナ生活を経て日本の生活も早1年半近く!
バルセロナではローマと中世を中心に街歩きが趣味、だから日本では幕末関係の史跡を中心に街歩きをと楽しみにしていたのに多忙すぎる毎日で実行できず終い・・・

「龍馬伝」が終わってもこの1年も「龍馬伝」引きずりそうで~す。

食に関してもそれ以外のことでも本物志向!これからも貫きます!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
PikaPika_Atlantis
Present's by
Sun Eternity
風邪に気をつけてね!
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
FC2カウンター
ボブのスペインタイム
ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。