スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ復活!クリスマス始末記その1その2

今日は久々にブログ復帰です!みなさんはどのようなクリスマスを過ごしていますか?

今日から数回に分けて今年のクリスマス始末記と題して、ブログを更新していきますので気軽に読み流してくださいね!

では今回はクリスマス始末記その1とその2です。

クリスマス始末記その1~こんな時に限って・・・

先週1週間は1学期最後の週だったので、子供が冬休みに入る前にいろいろ済ませておこうと予定が詰まっていたんですが、不覚にも火曜から水曜にかけてアレルギーがががががぁーと出てしまい、目の周りは腫れるわ発疹で熱はでるわで、すべての予定はキャンセル・・・2日間家で耐え忍んでいました
恐らく食べ物アレルギーと思うんですが、何が原因なのかはテストしてもわからずじまい。
抗ヒスタミン剤を飲んでしのぎました。

夏場は代謝が激しいのでアレルギーかなと思っても軽度で済んでいるんですが、冬場は代謝が悪く蓄積されてドバッと出てしまうような感じ・・・必ずクリスマス時期に出始めます。
治るのは春ごろ・・・毎年長い戦いです。

毎年こんなふうにクリスマス時期がやってきますが、アレルギーの痒みと戦いながらイベント決行です!

クリスマス始末記その2~やっぱり本物はおいしい・・・

まだ少したぬきの目のように目の周りが赤かったんですが、サングラスをかけてカモフラージュ?
幸いバルセロナは日中は冬でも日の光が強いので、サングラスは1年中必携アイテム・・・特に違和感はないです。
木曜は無理してもともと予定になっていた毎日朝カフェしているアウリとヘマと3人で一学期最後の朝カフェスペシャル!
Foto1000.jpg
皆さん正解だった飴の指輪・・・
前回日本人友達といったこのケーキ屋さんカフェに今度はいつもの3人で!

このケーキ屋さんアスクリバは1906年創業の老舗。
地元の客と観光客でいつもごった返しているボケリア市場のすぐ横にあります。
(このような市の文化遺産になっているような建物の入り口の足元にはそのことを記した金色のプレートがあるので、そんなのを見て歩くのも楽しいですよね!)

以前は、建物は古くて目を引くものの御菓子は昔ながらの甘ったるい何の変哲もないものだったので特に注目していなかったんですが(つまりあんまりおいしくなかったってことです!)、最近大々的に事業拡大に乗り出しているようで、お菓子も洗練された味になったし、カフェも併設してボケリア市場に来る外国人観光客をターゲットにしているようです。
もちろんお値段も外人仕様、通常カフェコンレッチエとクロワッサンでだいたい250円ぐらいのところ、この店だと400円以上します。

カフェコンレッチェとクロワッサンだけでねばりにねばって2時間・・・いつものようにガールズトーク炸裂です!
あんまり長居していたからかどうかはわかりませんが、お店の人が途中でクリスマス菓子のトゥロンを少し切って持ってきてくれました。

さっそく味見!

・・・・おいしい・・・・・・

実はクリスマスに食べるトゥロン・・・昔からわたしには甘すぎて苦手・・・どーせ自分は食べないんだから家族用にスーパーの安物を買って毎年済ましていました(←自分が食べないとなると手抜きの鬼妻、鬼母ぶり発揮です!)。

いったいいままで食べてきたあのトゥロンは何だったのか?これならあんまり甘くないしわたしにも食べられる・・・・とトゥロンに対する概念がガラッと変わった瞬間でした。

やっぱり何でも本物はおいしいのねぇ~

自分も食べるとなれば?次回からは老舗の本物のトゥロンを買わなきゃ!てへ!

Foto1001.jpg
お店を見るだけでも楽しい!中には大きなマリア像もあり目をひきます!

アクスリバのHPはこちら→PASTELERIA ESCRIBÀ BARCELONA

このあとボケリア市場でアウリが牛肉を買うのに付き合って一部始終見ていると・・・これまた私の知らなかった世界が!
自分の好きな部位(例えばヒレとかサーロインとか)の肉をひき肉にしてもらい、さらにそれに塩とドライオニオンを振り入れてもらってハンバーグをお店で作ってもらっちゃうの!!!
あとはうちに帰って焼くだけ!これにはびっくり!私たちも真似して買っちゃいました!

彼女は塩とドライオニオンを調味料として入れてもらったけれど、これも胡椒やハーブなど自分の好みで自由に変えることが出来ます。
肉が新鮮でおいしい部位だから、焼くだけで信じられないおいしさ!

私のいままでのハンバーグは何だったのか!トゥロンに続いて衝撃の一瞬!
肉が新鮮で質のいいものなら卵やつなぎのパン粉なんてなくていいんですね!

しかもひき肉自体・・・日本だと牛ひき肉、豚挽き肉、合挽きなどと称して売っているけれど、こちらではひき肉にする肉を自分の目で選んで確かめてから買うことが出来るんですね。
私はいつも部位を選ばず普通の赤身を2度挽きしてもらって買ってくるんですけれど、この数日後の買い物でヒレとサーロインの端の部分だけのひき肉を1キロ買いました。

いままでも何度も買い物についてブログで書いていますが、スペイン人は買い物でも外食でも何かにつけて注文が細かい。

「ソースは別にして持って来い!」とか「たまねぎはいれるな!」などなど限がありません。
(私が毎週買うハムの厚みにこだわるのもこの辺から来ているんだけれど・・・笑)
客の方は自分の好み通りに処理してくれる店を探さなきゃいけないし、店のほうもお客の多様なニーズに答えつつ客数もさばかなきゃいけないので、ヨーロッパでの買い物は食うか食われるかの一言に尽きるんじゃないかしら?

つまり・・・

自分の好みどおりにしてもらうには、常連になって上客にならなきゃいけないってことなんです。
こちらでは10年20年30年経てば名前で呼び合う仲になるほど・・・
常連になればその日の持ち合わせが多少足りなくても、支払いは次でいいよ!とかスープにちょっとだけセロリが必要だから1本おまけしてとかいろいろと融通が利きます。

一方、日本では・・・
どこもかしこも同じとはいいませんが、概して買い物はスーパー・・・パックに入ったハム、肉、魚・・・新鮮かどうかは自分で判断するとして、ほとんどきれいに処理してあるから文句もなく買ってきます。
ほんとうに完璧な合理社会!
その点スペインは自分の好みどおりにして欲しければ対面販売(もちろん時間がたっぷりかかります。)、時間がなくてまぁその辺はどうでもいいという人はスーパーでという具合。

どちらがよいとはいいませんが、おもしろい文化の比較ですよね。

スペインで早くておいしいは無理じゃないかと感じているMiwakitzでしたぁー
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
今日も読んでいただきありがとうございました。
↓おまけ
Foto1004.jpg
最近目抜き通りパセッジダグラシアにオープンしたスタイリッシュなネスプレッソのお店。
壁一面がネスプレッソのポーションのグラデーションになっていて壮観・・・・
ジョージ・クルーニーがいるかどうかチェックしましたがいませんでした(笑)
スポンサーサイト

theme : スペイン
genre : 海外情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

Re: ブログ復活!クリスマス始末記その1その2

Miwakitzさんこんにちは!私も年末でバタバタしてしまい、お久しぶりになってしまいました…。
アレルギー大丈夫ですか?私もホコリやら化学調味料やら、色々アレルギーを持っていて、目の周りに出るかゆみの辛さは痛いほど分かります(泣)。少しは落ち着きましたか?疲れも影響していると思うのでしっかり休んでくださいね~って言いたいところですけど、この年末、休んでられないですよね~(泣)。とにかくお大事に・・・。
それにしてもスペインのスーパーのハンバーグ!!私もぜひとも作ってもらいたいです。忙しい時には日本の超合理化スーパーはありがたいけど、本当に食のことを考えるならやっぱりスペイン式の方が断然いいですよね。人間の温かみも感じられるし。私たち消費者側も、もっと考えなきゃだめだな~って感じました。

Re: ブログ復活!クリスマス始末記その1その2

真冬のアレルギーですか。寒冷蕁麻疹なども有名ですが・・・・
超強烈食餌アレルギーには覚えありです。 最初の記憶は、まだ小学生の頃給食に入っていた鯨肉にヒット、当時鯨肉は給食用の安価な食材だったんです。臭いがひどくて、大衆レストランにも出せない部位を揚げて甘辛く煮込んでおかずにした物を食べさせていたんですよー。で食べた日の夕方には発熱、40℃の熱が2、3日、さらに顔や背中などほぼ全身に大小の豆板状の発疹が出来て硬く張り付き、寝るのも苦しかった。母はてっきり悪い病気ではと真っ青だったらしいです。さいわい名小児科医のお陰で全身に火傷の跡のような後遺症を残すことなく癒えましたが、体中から熱が噴出すような、発疹板がすれるだけでひりひりする痛みはそれが消えるまで続き、思い出すのも・・・・捕鯨断固はんたーい!!がしかし高校の修学旅行の時、マル秘お定まりの深夜のパーテイので、ブランド品鯨の大和煮の缶詰に手を出し一口で背中が腫れ微熱まで、悪友どもは証拠隠滅じゃあ!で一晩中交代で手ぬぐいをぬらしてはわたくしめの額と、背中にあてて看病するはめに。翌日の観光バスではみんな白川夜船!でも鯨肉のましなところは美味でござりますー。だからこそ捕鯨反対、俺様の食えない物を人に食わせてなるかー。

Re: ブログ復活!クリスマス始末記その1その2

かゆいのも辛いですね。息子もじんましんが復活。あちこち腫れあがって辛そうです。
その調味料のドライたまねぎが気になります。いろいろに使えそう。ヒレ肉とサーロインでハンバーグなんて、贅沢~!
あちこちで発見があるのは外国住まいの楽しいところですね。

Re: ブログ復活!クリスマス始末記その1その2

miwakitzちゃん、こんち
アレルギー大変ですね。どうぞ、
お大事に。
このハンバーグ食べてみたい~
やっぱり、レアに焼くのかしら...
クリスマス記事楽しみにしてますね

実は、昨日の記事にリンクさせていただいてます
どうぞ、よろしく&ケッパー大活躍ありがとう~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

エリッキー さんへ

こちらこそご無沙汰してます!でもま、忙しい時はお互い様なのでこれからもマイペースでこつこつやっていきましょう!

アレルギー初期にステロイドを使ったせいで、使用した部分の皮膚が薄くなって敏感肌になっているようなんです。だからそこだけアレルギーが出ちゃうんですよね・・・ほこりももちろんダメ!どうも保存料、着色料のたぐいはダメみたい・・・
インスタント食品は危険なので食べなくなりました・・・(泣)
休んでも休まなくても同じなので基本的には動き回っています!

東京の生活・・・やっぱりあかの他人とはしゃべることってめったにないですよね。わたしもこちらに来て誰とでもおしゃべりする体質になるまでけっこう時間がかかっているんですよね(笑)お店の人とおしゃべりしながら買うなんて!日本人にはレベル高すぎ!(笑)v-10

setomiさんへ

あらあら・・・鯨ですか・・・大きな声では言えませんが鯨大好き!
キャビアやマツタケにアレルギーだったら負け惜しみに聞こえるけれど、まぁ、鯨なら・・・(笑)
まぁ、わたしもこの食物アレルギー問題で、いいものちょっとだけみたいな感覚になりつつあります。
たくさん食べる、しかもアレルギーのないあとの3人には安肉、わたしは高級肉って結果になるんだけど・・・しょうがないよね、ははは!v-10

ママンちゃんへ

蕁麻疹も経験済みですが、あれはまた別の痛痒さで我慢するのがつらいんですよぉー(泣)しかも原因追求も困難極めるし・・・ほんと現代病ね!

そのボケリアの牛肉やさんで入れていたドライオニオンは、イケアの食品コーナーで売っているサラダにいれてもそのまま食べてもおいしい(もちろんアメリカではポピュラーですよね!)のに似た感じのでした。
持っていたら入れて作ってみて!泣けるおいしさよん!

肉とハム類については日本より歴史が長いので毎日いろいろな発見があっておもしろいですよ。さらに注文が細かくなっているMiwakitzでしたぁーv-10

Kyoko007 ちゃんへ

さっきコメントは残さず、ちらっとそちらのクリスマス記事見に行って来ましたぁー豪華・・・
うちのクリスマスディナーはKyoko007 ちゃんの足元にも及ばないんだけど明日アップの予定(手抜きの理由もブログに書いてあります。)・・・見てね!
このハンバーグはもち!レアかMレアがいいみたい・・・焼きすぎちゃだめよね。
リンクありがとうございましたん!あの程度のものそんな風にいっていただいて恐縮です。あれ、たしかシェリービネガー漬けだったと思うんだけど・・・風味いいでしょ?v-10
プロフィール

Miwakitz

Author:Miwakitz
9年間のスペイン・バルセロナ生活を経て日本の生活も早1年半近く!
バルセロナではローマと中世を中心に街歩きが趣味、だから日本では幕末関係の史跡を中心に街歩きをと楽しみにしていたのに多忙すぎる毎日で実行できず終い・・・

「龍馬伝」が終わってもこの1年も「龍馬伝」引きずりそうで~す。

食に関してもそれ以外のことでも本物志向!これからも貫きます!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
PikaPika_Atlantis
Present's by
Sun Eternity
風邪に気をつけてね!
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
FC2カウンター
ボブのスペインタイム
ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。